法人のお客様

借入金対策

金融機関などからお金を借りている場合、経営者に万が一のことがあり会社が返済を滞らせるとのこされた後継者や家族にその債務が降りかかります。
また、経営者が在任中であっても急な資金繰りの悪化で返済ができなくなる可能性もあります。経営者や会社の万が一に備えて、借入金の残高や期間にあわせた返済資金や保障が必要です。
借入金の返済に備えるためには、短期借入金・長期借入金それぞれの性質に応じた準備が必要です。

運転資金対策

経営者にもしものことがあった時、会社には安定して経営するための運転資金が必要です。
従業員の給料の支払いや取引先への支払いなど、後継者への負担は大きくなります。 また、急な経営環境の悪化や、経営者が病気などで長期間不在となっても会社の経営が滞らないように、一定期間の運転資金を確保するための予備資金や保障が必要です。
経営者にもしものことがあった時、売上げが下落しても、販管費などの固定費は同じように必要となります。
売上げが回復するまでの期間、販管費の多くを占める従業員の給料分の資金を確保しておくことが必要です。

事業承継対策

後継者がスムーズに事業を承継するためには、納税資金や自社株対策など必要な資金対策をしておく必要があります。
また、勇退後、経営者が豊かなセカンドライフを送る為の資金や、在任中に万が一の事が
経営者の万一のときには、事業を円滑に継続するために、自社株を後継者に集中させる必要があります。
自社株売却や、自社株の分散といった事態が発生してしまう可能性があります。法人の事業継続に影響を及ぼすことが無いよう、納税資金を確保しておくことが必要です。
納税資金準備の方法のひとつとして、後継者が相続した株式を自社株として法人が買取るという方法もあります。自社株買取資金準備に際し、法人の事業承継が完了するまでの間、資金の需給タイミングが一致する生命保険は効果的な資金準備のひとつです。

相続対策資金

後継者を含む遺族が土地、自社株などすぐにお金に換えることが難しい流動性の低い財産を相続した場合、相続税を支払う現金の準備に困ることがあります。
また後継者とそのほかの家族が相続する財産に遺留分を超える差がある場合には、遺産分割で争うケースがあります。円滑な相続を提供するためにも、相続財産の把握を行い必要な資金を確保しましょう。
相続発生時、流動性が低い資産が相続財産の大部分を占めていると、本来手放してはならない不動産の売却、自社株の分散といった事態が発生してしまう可能性があります。遺族の生活や法人の事業継続に影響を及ぼすことが無いよう、必要な資金を確保しておくことが必要です。
相続財産の分割にあたって、分割される資産の割合に大きな差が生じ、相続人の間で争いが発生することが無いよう、あらかじめ代償分割資金の準備をしておくことが重要です。多くの

福利厚生対策

会社の発展のためには従業員は欠かせません。優秀な従業員を雇用するためには適切な福利厚生制度が必要です。
また、従業員が急なケガや重大な疾病などで就業不能となった場合に備え保障を確保することで、従業員の安心と雇用維持の対策が行えます。
従業員への福利厚生は「定着性」「勤務モラル」「生産性」「安心感」「従業員の家庭生活の安定」などの向上に寄与します。
また、従業員の急なケガや重大な疾病に対する見舞金や退職金のための資金を準備しておくことが必要です。
生命保険を活用することで、突然のケガや疾病、万一の時の保障を効率的に確保することができます。

賠償責任対策

事業をする上で、社外、社内問わず賠償責任は付きまといます。万が一賠償問題になった際、関係する費用や賠償金に対する支払い等は多額となります。
最近では、過労やうつ病などの病気も労災認定され、高額な訴訟事案が発生するなど、企業にとって業務災害の問題は深刻です。各種見舞金をはじめ、充実の付帯サービスや、弁護士費用・賠償金を補償することができます。
事業内容や売上高を基に、企業にとってどのような賠償リスクがあるのかを確認しながら、賠償責任をカバーします。

個人情報漏洩対策

大切なお客様の情報を漏洩する事は、企業の信用を失墜させます。
また、改正の都度、個人情報保護法は厳格化されてきています。
最近では、自社を踏み台にして取引際の大手企業の情報にアクセスされる例もあり、取引先との関係にも影響を及ぼす事例が出てきています。情報漏洩問題に対して、情報漏洩防止対策から、漏洩の際の対応方法、賠償金問題等をカバーします。

賠償リスク対策

事業をする上で、社外、社内問わず賠償責任は付きまといます。万が一賠償問題になった際、関係する費用や賠償金に対する支払い等は多額となります。
最近では、過労やうつ病などの病気も労災認定され、高額な訴訟事案が発生するなど、企業にとって業務災害の問題は深刻です。各種見舞金をはじめ、充実の付帯サービスや、弁護士費用・賠償金を補償することができます。
事業内容や売上高を基に、企業にとってどのような賠償リスクがあるのかを確認しながら、賠償責任をカバーします。

個人情報漏洩リスク対策

大切なお客様の情報を漏洩する事は、企業の信用を失墜させます。
また、改正の都度、個人情報保護法は厳格化されてきています。
最近では、自社を踏み台にして取引際の大手企業の情報にアクセスされる例もあり、取引先との関係にも影響を及ぼす事例が出てきています。情報漏洩問題に対して、情報漏洩防止対策から、漏洩の際の対応方法、賠償金問題等をカバーします。

株主代表訴訟・投資家からの訴訟リスク対策

会社の経営を取り巻く環境の変化は、近年大きく加速しています。特に取引先との契約を巡るトラブルは増加しており、会社経営を担う役員には、そうした問題を見逃していた責任が追及されるおそれが高まっています。賠償請求を受けた場合、役員の個人資産だけでなく、ご家族(相続人)の財産にまで被害が及ぶ可能性があります。
会社だけではなく役員個人のリスクにも対策が求められる時代に沿った包括的な補償をご提供します。

雇用・ハラスメントに関するリスク対策

個々の労働者と事業主の間に生じた労働関係に関する紛争が増加しており、労働局の総合労働相談コーナーに寄せられる、解雇、職場におけるハラスメントなどの相談件数は年間100万件を超えています。実に55人に1人は労務管理上の潜在リスクを抱えている現状です。
最近では、過労やうつ病などの病気も労災認定され、高額な訴訟事案が発生するなど、企業にとって業務災害の問題は深刻です。
政府労災だけではカバーできない労災差額リスクが経営を圧迫しないよう企業防衛対策をご提案します。

休業・操業中断リスク対策

自然災害の発生件数、被害額ともに増加傾向にあります。火災や自然災害で被害を受けた際に、営業・操業を休止した企業は40%に上り、また、設備などが破損した場合には6割から7割の企業が休業する可能性があります。
休業から復旧までの間に失われてしまう大切なものとして売上とお客様が挙げられます。また、会社に責任がないケースでも休業時に給与を支払うことができない場合には優秀な人材の流出リスクも想定されます。
休業時でも支払い続けなければならない固定費や営業を継続するために必要な追加費用を賄えるだけの資金確保への備えと早期復旧支援サービスにより休業リスクをカバーします。