個人のお客様

死亡保険

死亡や高度障害時に支払われる保険です。
主に遺族の生活費のために加入します。
保障が一定期間のもの、一生涯続くもの、保障額が一定のものや必要性に合わせ逓減していくもの、また貯蓄性の有無など、目的に合わせ選ぶ必要があります。

医療保険

病気やケガでの入院・手術・治療・通院などを保障する保険です。
先進医療や、特定疾病と呼ばれる、がん、脳血管疾患、心疾患など幅広く保障を充実させることができます。
入院日数に関わらず、入院時の一時金が支払われる保険や、貯蓄性のある医療保険もあります。

がん保険

がんの治療に特化した保険です。
がんでの入院、手術、一時金、放射線治療、さらには治療中の収入補填など、がんに関わる様々な保障があります。
女性特有のがんにかかわる保障も準備することができます。

就業不能保険

病気やケガで働けない状態(所定の就業不能状態)が長く続いた場合、傷病手当金や障害年金といった公的保障だけでは十分にカバーできない長期の収入減少に備えるのが就業不能保険です。
入院している状態はもちろん、医師の指示により自宅等で療養をしており、外出が通院等に制限されているような状態が就業不能状態に該当します。

介護保険

介護状態になったときに支払われる保険です。
若いころは必要が無いと思い、年齢を重ねた時には保険料の負担が大きいため、加入率が高くありませんが、少子高齢化の日本において、介護者である家族の負担も踏まえ準備が必要な保険です。
住居の改装費捻出や介護施設費用のための一時金や年金で給付金を受け取ります。
支払い対象となる介護の基準が保険会社によって異なるため、加入時の確認が必要です。点に注意が必要です。

年金保険

公的年金で不足する老後資金を積み立てていく貯蓄型の保険です。
円建て以外に、外貨建てや運用成果によって年金額が変動する変額年金もあります。
個人年金保険料控除が使える契約形態もあります。

個人賠償責任保険

日常生活で他人に対してケガを負わせたり、他人の物を壊してしまった場合、その損害を補償するための保険に「個人賠償責任保険」というものがあります。自動車保険や火災保険に比べてまだまだ認知度の低い保険です。しかし最近では、小学生が起こした自転車事故に対して、保護者に9,500万円の損害賠償命令を求めるような高額賠償の事例が度々でてきおり、自治体によっては自転車に乗る際、個人賠償責任保険や自転車保険の加入義務化の動きもあります。

補償の対象
・自転車に乗っていて歩行者に接触、負傷させてしまった
・投げたボールが他人に当たり、ケガをさせてしまった。
 または他人の家の窓を割ってしまった、物を壊した
・買い物中、代金を払う前に商品を落として壊してしまった
・自分のペットが他人に噛みついて傷を負わせてしまった
・ベランダから誤って物を落とし駐車中の他人の車に傷をつけてしまった

補償範囲
・生計を共にする同居の親族
 世帯主が加入していれば、同居の配偶者や子どもが事故を起こした場合でも、世帯主の保険で補償できる点が普通の保険と異なります。
 また、一人暮らしの子どもがいる場合、親から仕送りを受けている限り「生計を共にしている」として対象になります。
 「生計を共にする」ことに限定せず、「同居の親族」であれば補償の対象になるものや、被保険者が重度の認知症であれば「別居の親族」でも補償の対象となる商品もあります。

保険加入や補償の加え方の工夫
すでに加入している保険にわずかな保険料を追加し、特約(オプション)としてつけ加えられることも多いため、自動車保険や火災保険に賠償責任特約をつけておくのもひとつの方法です。

自転車保険

一般的な「自転車保険」は「個人賠償責任保険」もしくは「賠償責任特約」と、自分や家族がケガをした時の「傷害保険」を組み合わせて、一人当たり年間数千~数万円の保険商品となっている場合が多いようです。
それぞれ相手と自分に対する保険のため、もし相手に対する補償だけで良いのであれば、「自転車保険」に加入しなくても「個人賠償責任保険」や「賠償責任特約」だけで備えればよいことになります。
 「自転車保険」の加入が義務化されている自治体であっても、「個人賠償責任保険」への加入か加入済みの保険に「個人賠償特約」がついていればよいとされることもあるようですので、お住まいの市区町村のホームページや役所に確認してみましょう。

自動車保険

自動車保険は、自動車事故による様々な損害を補償する保険で、3つの基本補償(①他人の身体や財物に与えた損害を補償する保険(賠償損害)、②運転者や同乗者が被った身体の傷害を補償する保険(傷害)、③自分の自動車が被った損害を補償する保険(物損害))や各種特約などを組み合わせて契約する保険です。
ご自身で事故を起こすリスクだけでなく、事故に巻き込まれるリスクがありますので、万が一の際に高額な負担金が生じないよう対人・対物・人身傷害の無制限補償をおすすめいたします。
最近では保険会社への通知機能を持ったドライブレコーダーもあり、事故のトラブルを最小限に抑えることができるものもあります。

火災保険

火災保険は、火災だけでなく、台風で瓦が飛んでしまった場合などの”風災”による損害、洪水で床上浸水した”水害”などの自然災害による損害、排水管が詰まり床が水浸しになった場合の”水濡れ”、窓を割られて空き巣に入られたときの”盗難”、近隣に雷が落ちて電化製品が壊れたなどの”落雷”による損害などによって「建物」、「家財」、「設備什器」や「商品製品」などに生じた損害を補償する保険です。
補償する範囲が広い商品ほど保険料が高くなりますので、ご自身にとってどのような補償が必要かよく検討して契約することが大切です。

傷害保険

傷害保険は、「突発的(急激)に、たまたま(偶然)、身体の外部からの作用(外来)によって生じた事故」によりケガをした結果、入院・通院したり死亡した場合などに保険金が支払われる保険です。
ケガをして病院で治療を受けた場合には、健康保険などの公的な制度があるから大丈夫だと思っている人は多いかもしれません。しかし、入院しなければならないような大ケガをした場合には多額の入院費用がかかることがあり、また、その間に仕事ができず収入が途絶えてしまうといったこともあります。このようなケガによって生じる損失に備えるための保険が傷害保険です。

海外旅行傷害保険

海外旅行中に被ったケガや病気による死亡・後遺障害・治療費用のほか、賠償責任、携行品損害、救援者費用などを補償する保険です。
海外では日本に比べ治療費が高額になるのが一般的です。海外の医療事情は日本とは大幅に異なり、医療機関に対して治療費の支払能力が証明できない場合には、全く治療が受けられないこともあるようです。ケガや病気の治療費用の補償については無制限に設定されることをおすすめいたします。
インターネットでの申込みにより保険料が割引となる商品もあります。

ゴルファー保険

ゴルファー保険は、ゴルフプレー中の賠償責任のほか、自分自身のケガ、ゴルフ用品の損害、ホールインワン・アルバトロス達成時の費用などが補償される保険です。
ホールインワン・アルバトロス達成時費用を受け取るためには、その達成を客観的に証明する保険会社所定の資料が必要です。
重複保険契約がある場合には、支払われる保険金はそれぞれの契約のうち最も高い保険金額が限度となります。

所得補償保険

所得補償保険は、ケガや病気によって入院または医師の指示による自宅安静療養などで業務に全く従事できない就業不能となった場合の所得の喪失を補償する保険です。
補償の開始は、一定の免責期間を経過した時点から始まり、平均月間所得をもとに保険金の額が計算されます。

※本記事の内容は特段の記載がない限り、特定の保険商品ではなく、一般的な保険商品の説明です。